×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

選べる自動車保険の特約

自動車に乗っていらっしゃる人が事故を起こす確率(運がよけれね、運が悪けれねなんてよくいいますね)を示したもので、この特約(あくまでも主契約にプラスするものなので、特約のみでの契約はできません)を付けていると、無事故の年数が長いほど、自動車保険料が安くなるというものです。

無事故であることを表わす、ノンフリート等級は、事故を1年間起こさなければ、一等級ずつ上がっていきます。

初めて自動車保険(自動車の購入と共に加入を義務付けられる強制保険の自賠責保険と任意保険に分けられるでしょう)に加入行う場合には、等級プロテクト特約(保険の主契約に契約者が選択して付け加えるオプション的な補償です)は、6等級からスタートします。

つまり、無事故であれば、次年度の自動車保険(自賠責保険だけでは、負担額が少ない代わりに生じた損害を全て補償できない可能性が高いです)料は安くなる訳です。

そして、このノンフリート等級が低くなれば、自動車保険に加入する際、プロテクト特約を付けることはできなくなります。

この他、自動車事故で死亡や重度後遺障害を負った場合に、被保険者である子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)に保険金が支払われる子供特別保険金特約や、育英費用保険金担保特約(掛け金の負担は増えてしまいますが、その分、いざという時の補償は手厚くなります)があるのではないでしょうか。

もし、無事故期間が長く、ノンフリート等級が7等級以上であれば、一年間に一回の事故に限り、ノンフリート等級は据え置かれ、保険料が変わらなくなるのです。

また、交通事故(一般的には自動車による事故を指すことが多いですね)によって、一家の生計を維持していくものが死亡や高度障害(生命保険での保険金の支払いはケースバイケースで行われるそうです)を負った場合に保険金が支払われる家族生計維持特約、家の家事を主としてる人が交通事故に遭って家事が出来なくなった場合の家事労働費用特約(どのような内容を付け加えられるかはその保険会社によって畭なります)やホームヘルパー費用担保(一般的には、人的担保と物的担保に分けることができます)特約(あくまでも主契約にプラスするものなので、特約のみでの契約はできません)といったものがあります。

プロテクト等級は、以上のように事故を起こす確率(宝くじに当るよりも交通事故に遭う方が高いらしいです)によって、保険料が上下する特約(掛け金の負担は増えてしまいますが、その分、いざという時の補償は手厚くなります)となるんです。

自動車保険(自動車の購入と共に加入を義務付けられる強制保険の自賠責保険と任意保険に分けられるでしょう)会社をかえる場合、ノンフリート特約の等級はそのまま新しい保険会社に移行されるのですが、こうした特約(あくまでも主契約にプラスするものなので、特約のみでの契約はできません)がない自動車保険もあります。

自動車保険(自賠責保険だけでは、負担額が少ない代わりに生じた損害を全て補償できない可能性が高いです)で一番良くよく知られている特約(保険の主契約に契約者が選択して付け加えるオプション的な補償です)は、等級プロテクト特約です。

これらの特約(どのような内容を付け加えられるかはその保険会社によって畭なります)は、保険会社によっては設定が畭なっているので、自動車保険(最近では、ネットを利用した通販型自動車保険を選択する人が増えていますね)に加入する場合、どの程度の特約があるか調べた方がいいです。

こ以外にも、形成手術費用特約、高次脳機能障害担保(借金をする際によく必要になります)特約、人身弁護士費用担保(借金をする際によく必要になります)特約(どのような内容を付け加えられるかはその保険会社によって畭なります)、日々の生活賠償責任保険特約、受託品賠償責任(行動の自由と表裏一体になっていることがほとんどです)補償特約(あくまでも主契約にプラスするものなので、特約のみでの契約はできません)、家族傷害補償特約(あくまでも主契約にプラスするものなので、特約のみでの契約はできません)、身の回り品担保(主に、債務不履行などに備えるために設定されることが多いです)特約(あくまでも主契約にプラスするものなので、特約のみでの契約はできません)などなど多?の特約(保険の主契約に契約者が選択して付け加えるオプション的な補償です)があるんでしょうか。

条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)は、自動車保険の等級(保険会社を変えたとしても引き継がれますから、安全運転を心掛けることが大切ですね)プロテクト特約(あくまでも主契約にプラスするものなので、特約のみでの契約はできません)とほとんど同じです。

自動車保険の特約にはこの他、車両保険におけるプロテクト特約である、車両等級プロテクト特約(どのような内容を付け加えられるかはその保険会社によって畭なります)ってあると思います。

ノンフリート等級は、6等級でスタートし、一年間無事故なら次年度は7等級になるのですが、1年以内に事故を起こせば、3等級ランクがダウンします。

そうすれば、保険料が加入時よりも次年度はかなりUPしてしまいます。

自動車保険に加入する場合、自動車保険(最近では、ネットを利用した通販型自動車保険を選択する人が増えていますね)に色んな条件(あまりいい意味で使われることがないんではないでしょうか)を加える契約を特約と呼んでいます


自動車保険の販売方法

インターネット(たいへん便利ですが、その反面、ウイルスや詐欺などの危険もあります)のCM(同じ内容のものが何度も流れると、不快になりますね)では特に、決まった時間帯でCM(コマーシャルともいいますね)が流れることはなく、24時間いつでもパソコン(正式名称は、パーソナルコンピュータで、PCともいいますね。デスクトップ型、タワー型、ラップトップ型、ノートブック型の他、ネットブックやタブレットなどもあります)を開く人が目にするようになっています。

通信販売型の自動車保険(最近では、ネットを利用した通販型自動車保険を選択する人が増えていますね)は、歴史に新しく、仕事でいそがしい人に取っては、24時間いつでも自動車保険(自動車の購入と共に加入を義務付けられる強制保険の自賠責保険と任意保険に分けられるでしょう)の資料請求や、自動車保険(自賠責保険だけでは、負担額が少ない代わりに生じた損害を全て補償できない可能性が高いです)に加入することが出来るのでとても便利です。

わずかでも自動車保険(自賠責保険だけでは、負担額が少ない代わりに生じた損害を全て補償できない可能性が高いです)を安く、そして大きな補償を得るために、自分で自動車保険を研究していく事は、四輪を運転する上での安全への意識にもつながります。

当り前ですが、通信販売型の自動車保険販売の方が、自動車保険(自動車による事故などで生じた損害を予め契約した範囲内で補償してくれる損害保険です)会社に取っても、人件費が削減されるので、保険料がそれだけ安くなるようになっています。

自動車保険(自動車の購入と共に加入を義務付けられる強制保険の自賠責保険と任意保険に分けられるでしょう)のこれらの販売方法においては、代理店型よりも通信販売型の方が、自動車保険料は安くなります。

それは、テレビやラジオ、インターネット(最近では、意識が甘いためにブログが炎上したり、仕事をクビになったり、学校を退学になる人も少なくないでしょう)などにこうした自動車保険(自動車による事故などで生じた損害を予め契約した範囲内で補償してくれる損害保険です)のCM(同じ内容のものが何度も流れると、不快になりますね)が流れているからとなります。

ただし、通信販売型は、担当者に話を聞きながら、自動車保険(自動車の購入と共に加入を義務付けられる強制保険の自賠責保険と任意保険に分けられるでしょう)に加入するわけではないため、資料を自分で取り寄せ、保険内容を自分でチェックし、判断しなければなりません。

その意味では、代理店の担当者は、自動車保険の専門の方であり、またその人間的な人柄も大切になってきます。

自動車保険(自動車の購入と共に加入を義務付けられる強制保険の自賠責保険と任意保険に分けられるでしょう)の販売方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)は、従来からある代理店型とインターネットを利用した通信販売型の2種類があります。

近年では、通信販売型の自動車保険(最近では、ネットを利用した通販型自動車保険を選択する人が増えていますね)に加入する人が増えてきました。

また、代理店型の自動車保険のほとんどに、ノンフリート等級がありますので、車両保険を掛けている時には、保険を利用するほうが良いか、使わないほうが良いかと言った判断も、担当者に尋ねることができるはずです。

一方、代理店型の自動車保険(自動車の購入と共に加入を義務付けられる強制保険の自賠責保険と任意保険に分けられるでしょう)販売方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)では、代理店の担当者を信頼して自動車保険を選択するようにする形になっています。

事故を起こした時の心理的な不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)も、こうした代理店の担当者が付いている事で、和らぎます。

そして、もし、インターネット(遠くの人とテレビ電話をしたりできるのも、とても便利です)から自動車保険の加入手続きをする事により、自動車保険(自賠責保険だけでは、負担額が少ない代わりに生じた損害を全て補償できない可能性が高いです)料は二十パーセントや30%といった割引がある自動車保険(自動車による事故などで生じた損害を予め契約した範囲内で補償してくれる損害保険です)もあるのです。

大手自動車保険(自賠責保険だけでは、負担額が少ない代わりに生じた損害を全て補償できない可能性が高いです)会社の中には、代理店型の自動車保険(自動車の購入と共に加入を義務付けられる強制保険の自賠責保険と任意保険に分けられるでしょう)販売専門の部門と、通信販売型専門の部門とに分けて販売されているところがあるんです。

つまり、自動車保険(最近では、ネットを利用した通販型自動車保険を選択する人が増えていますね)選びも、自分で判断して自分で考える時代(歴史が苦手だという人もいますが、全体的な流れとそれぞれの特徴を押さえると比較的理解しやすいかもしれません)になってきたと言えます。

また、インターネット(最近では、意識が甘いためにブログが炎上したり、仕事をクビになったり、学校を退学になる人も少なくないでしょう)や電話という通信手段がすぐに取れる人でなければなりません。